ドロップダウン・メニューから世界遺産1,154件を検索

世界遺産100選 検定2級 検定3級 検定4級 日本の世界遺産

紀伊山地の霊場と参詣道

2021年3月18日

概要

文化遺産
資産名:
紀伊山地の霊場と参詣道
Sacred Sites and Pilgrimage Routes in the Kii Mountain Range
国名:日本
登録年:2016年
登録基準:(ii) (iii) (iv) (vi)
概要:
和歌山県を中心として3県にまたがる紀伊山地には、熊野三山高野山吉野・大峯の3つの霊場と、そこに至る参詣道があり、昔から大勢の人々が訪れ、日本の宗教、文化発展に重要な役割を果たしてきました。これらの遺産群が世界遺産に登録されています。これらの霊場には山岳修行者が集まり、修験道の聖地となっています。登録地域には、聖地の伝統を反映した文化的景観と、山や森、川など豊かな自然も残っており、独特の景観を作り出しています。そのため、日本で初めて文化的景観として世界遺産リストに登録されました。

地図

スライドショー

620726_m
44128698402_2e2a10753a_b
Wakayama,,Japan,-,Mar,22,2020,-,Between,Fushiogami-oji,And
4116352_m
35839766393_7d92795e91_b
36479750832_fc849bae83_b
2003927_m
4105753_m
Nachi,Taisha,Was,One,Of,The,Main,Destinations,Of,The
previous arrow
next arrow
Shadow

これらの霊場と参詣道は、日本古来の自然崇拝から生まれた神道と、大陸伝来の仏教が融合した神仏習合の思想をよくあらわしている。古来、紀伊山地は神々が宿る特別な地と考えられてきたが、大陸から仏教が伝来して以来、紀伊山地の山々は浄土に見立てられ、特殊な能力を得るための山岳修行の霊場となった。

高野山は9世紀初め、真言密教を日本にもたらした僧空海によって開かれた。山上には金剛峯寺を中心に多くの子院が立ち並び、宗教都市としての性格を帯びるようになった。

登録対象地域は、保護のための周辺地域を合わせて、日本の世界文化遺産では最大となる1万1865.3ヘクタールにおよぶ。標高1000メートル級の山々が連なる紀伊山地は、太古から自然を神格化して崇める信仰が盛んな地域で、古代の都がおかれた奈良盆地近辺の人々の信仰を集めていた。6世紀に大陸から日本に仏教が伝わってからは、7世紀後半に山岳修行の地となっていき、9世紀に伝わった真言密教は高野山、10世紀から11世紀にかけて盛んになった修験道は吉野・大峰や熊野三山が主な修行の場となった。特に熊野三山は神道の信仰の場でもあった。高野山、吉野・大峰、熊野三山は三大霊場として、神仏習合の思想によって密接なかかわりをもち、各霊場へと結ばれる参詣道として、大辺路、中辺路、小辺路、大峰奥駈道、伊勢路、高野山町石道が整備されていった。

(Wikipediaより)

和歌山県世界遺産センターHPより

登録基準の内容

登録基準 (ii)

空海によって創建された「高野山」の仏教建築物群と神社建築物群は、日本各地へと伝えられて、それぞれの地域における霊場形成のモデルとなった。紀伊山地の景観は、東アジアにおける宗教文化の交流と発展の結果生まれた、他に類を見ない顕著な例である。

登録基準 (iii)

各社寺の境内や参詣道に残された多くの遺跡では、今なお参詣者による宗教儀礼が行われているなど、宗教文化の重要な継承の場となっている。

登録基準 (iv)

紀伊山地に残る多くの仏教建築や「熊野三山」などの神社建築は、木造宗教建築の代表であり、歴史上、芸術上の建築的価値はきわめて高い。

登録基準 (vi)

建造物や遺跡は、神道と仏教、その融合の過程で生み出された「修験道」など、日本独自の信仰形態の特質を表す顕著な例である。

遺産の概要

紀伊山地に点在する「吉野・大峯」「熊野三山」「高野山」の3つの霊場と、それぞれを結ぶ参詣道によって構成される。日本では12番目に登録された世界遺産で、近畿地方では5番目にあたる。登録時の規模は、核となるエリアと、その保護のための周辺地域を合わせて日本の世界文化遺産では最大となる1万1865.3ヘクタールにおよぶ。標高1000メートル級の山々が連なる紀伊山地は、年間降水量が3,000mmを超える多雨地帯である。豊かな雨が育む緑深い森林景観は、太古から「神の宿る場所」として自然を神格化して崇める信仰が盛んな地域で、古代の都がおかれた奈良盆地近辺の人々の信仰を集めていた。

6世紀に大陸から日本に仏教や道教が伝わってからは、7世紀後半に山岳修行の地となっていき、紀伊山地は「神仏習合」をはじめ、「浄土教」「修験道」など、さまざまな信仰における聖地とされてきた。816年、空海が高野山に「金剛峯寺」を創建すると、高野山は真言仏教の修行場として定着した。10世紀から11世紀にかけて盛んになった修験道は吉野・大峰や熊野三山が主な修行の場となった。特に熊野三山は神道の信仰の場でもあった。高野山、吉野・大峰、熊野三山は三大霊場として、神仏習合の思想によって密接なかかわりをもち、各霊場へと結ばれる参詣道として、大辺路、中辺路、小辺路、大峰奥駈道、伊勢路、高野山町石道が整備されていった。

日本の世界遺産で初めて「道」が登録されたものであり、文化遺産のカテゴリーのなかでも、人間の営みと自然の特異な結びつきを示す名勝・庭園・遺跡などを意味する「文化的景観」にも初めて選ばれた。

主な構成資産

3つの霊場

吉野・大峯

標高千数百メートル級の急峻な山々が続く修験道の聖地で、紀伊山地の脊梁である大峰山脈のうち、金峯山を中心とする青根ヶ峯までを「吉野」、以南の修験道の修行の場を「大峯」と呼ぶ。10世紀中頃には、既に日本第一の霊山として中国にもその名が伝わるほど尊崇を集めた。 吉野は古代から山岳信仰の対象であったが、修験の隆盛に伴い開祖とされる「役行者」ゆかりの聖地として重視された。

吉野山の桜, Flickr

山岳での実践行を重んじる修験道では、山に入って苦行を重ねながら踏破することを「奥駈」あるいは「峯入」と称して最も重視するが、大峯はその舞台である。冬季は氷雪に閉ざされる険しい峯々が信仰の対象とされ、数多くの行場や拠点となる社寺を結んで「大峯奥駈道」が走っている。 霊場「吉野・大峯」には、吉野山、吉野水分神社よしのみくまりじんじゃ金峯神社きんぶじんじゃ金峯山寺きんぶせんじ、吉水神社、大峰山寺おおみねさんじが含まれる。(和歌山県世界遺産センターHPより)

金峯神社, Flickr

金峯山寺 (Flickr)

熊野三山

紀伊山地の東南部にあり、相互に20~40㎞の距離を隔てて位置する「熊野本宮大社」、「熊野速玉大社くまのはやたまたいしゃ」、「熊野那智大社」の3社と「青岸渡寺せいがんとじ」及び「補陀洛山寺ふだらくさんじ」の2寺からなり、「熊野参詣道中辺路」によって相互に結ばれている。3社は個別の自然崇拝に起源を持つが、3社の主祭神を相互に勧請し「熊野三所権現」として信仰されるようになった。また、仏が衆生を救済するために姿を現したのが神だとする「本地垂迹説」により、主祭神がそれぞれ「阿弥陀如来」、「薬師如来」、「千手観音」と見なされたことからも信仰を集め、これらを巡礼する「熊野詣」の目的地として栄えた。(和歌山県世界遺産センターHPより)

熊野本宮大社, Flickr

熊野那智大社, Shutterstock

高野山

平安時代の弘仁7年(816年)に嵯峨天皇から空海(弘法大師)が下賜され、修禅の道場として開いた日本仏教における聖地の1つであり、また高野山は「一山境内地」といわれ高野山全域が寺の境内地とされ、元来は高野山全体と「金剛峯寺」は同義である。真言密教の霊場。標高800mの山上にある約3km2の平地に立っており、「八葉の峰」とも呼ばれる。現在は「壇上伽藍」と呼ばれる根本道場を中心とする宗教都市を形成している。山内の寺院数は高野山真言宗総本山金剛峯寺(山号は高野山)、大本山宝寿院のほか、子院が117か寺に及び、その約半数が宿坊を兼ねている。本堂と多宝塔を組み合わせた金剛峯寺の伽藍配置は、全国の真言宗寺院のモデルとなった。また、高野山はかつて女人禁制であったため、参拝する女性はふもとの慈尊院を詣でた。

金剛峯寺本堂 (Flickr)

高野山, Flickr

参詣道

 

熊野参詣道

熊野古道は、熊野三山(熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社)へと通じる参詣道の総称。熊野参詣道ともよばれる。紀伊半島に位置し、道は三重県、奈良県、和歌山県、大阪府に跨る。熊野古道の遺構の特徴として、那智山にある大門坂など舗装に用いられた石畳が残っていることがある。石畳が用いられたのは、紀伊半島が日本でも有数の降雨量の多い地域だからである。また、江戸時代に紀州藩により整備された一里塚が残っている個所もある。熊野古道の特色は、中世期に日本最大の霊場として隆盛した熊野信仰という一貫した目的のために、1000年以上も使われ続けてきたことである。

熊野参詣道, Flickr

大峯奥駈道

大峯奥駈道(おおみねおくがけみち)は、吉野と熊野を結ぶ大峯山を縦走する、修験道の修行の道。1000-1900m級の険しい峰々を踏破する「奥駈」という峰入修行を行なう約80kmに渡る古道を指す。吉野から熊野まで、神社や寺のほかに、大峰山脈の主稜線沿いに75の(なびき)と呼ばれる行場(霊場)があり、修験者は5月3日の大峯山寺の戸開けから9月23日の戸閉めまでの間に奥駈修行を行なう。奥駈は修験道でもっとも重視される修行であり、神仏が宿るとされる岩や峰、滝などで祈りを捧げる。

大峯奥駈道, Flickr

高野参詣道

高野参詣道(こうやさんけいみち)は、空海(弘法大師)が開山した日本を代表する真言密教の聖地「高野山」に、徒歩で登拝するための参詣道(古道)である。高野七口と呼ばれる7つの主たる参詣道があり、それ以外にも「高野七口」へ繋がる「参詣道」がある。現在では、電車・ケーブルカーを乗り継ぐ、もしくは車で高野山へ参詣することができるが、かつて徒歩で聖地・高野山へ登った参詣道(古道)が高野参詣道である。

高野参詣道, Flickr

高野山ケーブルカー

高野山ケーブルカーの車内,Flickr

(Wikipediaより)

模擬試験問題

世界遺産検定の模擬試験問題

 

紹介動画

-世界遺産100選, 検定2級, 検定3級, 検定4級, 日本の世界遺産
-,